ART SCHOOL

美大に通う

美大ってどんなところ?

美大とは美術を専門的に教える大学で、一般的に絵画科、彫刻科、工芸科、デザイン科、美術史科に分けられます。
大学によってはこれにプラスして、建築科やマンガ・アニメーション科、映像科、先端芸術科などがあります。
授業形態は、専門分野の実践的な制作と学術的な芸術に関する講義、一般教養などからなります。
大学卒業の際には卒業制作という課題をクリアしなければなりません。
卒業制作は大学の敷地やその大学のある地域の美術館などで一般公開されます。
科によっては大学院へ進学する学生が多く、いわゆるファインアート(絵画科および彫刻科)の進学率は、デザイン科や工芸科より高いです。
デザイン科を卒業した学生は、多くの場合新卒で会社に就職します。
ファインアートを専攻する学生の大学院進学率が高い理由は、大学院が就職を希望しない学生の受け皿的役割を果たしている面があるからです。
大学の学費は一般的な総合大学に比べ高いうえに、制作に使用する道具や素材を自費で負担しなければならないので、アルバイトをしながら制作している苦学生が多くいます。
また、制作した作品は必ずしも売れるわけではなく、作品の保管場所も確保しなければならない問題も抱えています。

美大受験を成功させる

美大入学を希望する学生は多く、毎年受験生の中に浪人生も多くいます。
浪人生が多いということは、それだけ受験に失敗する人が多いということです。
美術大学の入試は、一般的に学科、専門課程の実技試験、デッサンがあります。
実技試験とは、絵画科を受験する学生は油絵の具を使ってキャンバスに絵を描いたり、水彩絵の具で紙に静物画を描いたりする試験のことです。
デッサンは石膏の人物像や静物を、木炭や鉛筆で正確に描き写す作業のことで、どの科にも等しく求められる共通した基礎的課題です。
美大受験においては、もちろん実技試験とデッサンで高得点を取ることが求められていますが、学科をおざなりにすると受験に確実に失敗します。
私立系美大では、学科の1点と実技の1点は同等に扱われるので、実技やデッサンの経験が不足している高校生でも、十分現役合格を狙える構造になっています。
逆に、浪人生が日中予備校などで実技訓練を毎日熱心にしていても、学科の勉強を全くしなければ永久に大学合格は出来ません。
受験を成功させ大学に入るためには、文武両道でバランス良く対策を練る必要が有ります。
多くの予備校では受験対策として、学科のクラスも開設しています。

"

check

福岡で出張マッサージを呼びたい方はご連絡ください

福岡で出張マッサージを探す

酒の買取を検討している方はおまかせください

酒 買取

沖縄で設計事務所をお探しなら!理想の一戸建てを一緒に建てませんか

沖縄 設計事務所

2018/9/10 更新

 

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』
最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

Copyright(C) 2015 ART SCHOOL All rights reserved.